page top
ホーム > 総合診療科について > スタッフ紹介

スタッフ紹介

関口 健二

関口 健二 特任教授/総合診療科長

2000年 群馬大学卒
日本内科学会総合内科専門医、米国内科専門医、米国老年内科専門医、日本内科学会指導医、プライマリ・ケア認定医

ひとこと:「総合診療」で先行する先輩医師や先輩病院に学びながら、「地域に根ざした全人的医療の実践」と、「多くの学生・医師にジェネラルに診る大切さを伝えていくこと」ができれば!と願っています。


熊谷 美恵子

熊谷 美恵子 特任講師

日本内科学会認定内科医、日本内科学会総合内科専門医、日本糖尿病学会専門医、日本内分泌学会専門医、日本内分泌学会指導医、日本内科学会指導医、プライマリ・ケア認定医

ひとこと:総合診療科は、多臓器、複数の疾患を抱える患者の標準的管理と責任ある医療を、全人的視点から提供することを目標にしています。どなたでも参加可能な勉強会も毎週複数回開催していますので、是非遊びにいらして下さい。


小野 咲弥子

小野 咲弥子 特任講師

日本内科学会認定内科医、日本内科学会総合内科専門医、日本内科学会指導医、死体解剖資格、プライマリ・ケア認定医、日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医

ひとこと:患者さんが困らない医療の提供を理想としています。まだまだ総合診療を勉強して、どんどん実践して、そして伝えていきたいと思っています。


實近 百恵

實近 百恵 特任助教

2003年 山口大学卒
プライマリ・ケア認定医、日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医

ひとこと:様々な症状に対して、臓器の枠にとらわれず、適切な医療が提供できることを目指しています。地域のニーズに応えられ、全人的医療が実践できる医師となれるよう一緒に頑張りたいと思います。


田村 謙太郎

田村 謙太郎 委嘱講師

2001年 信州大学卒
日本医師会認定産業医

ひとこと:在学中1年間渡米し、卒業後は横須賀米海軍病院でインターン研修、その後日本の初期研修を2年経験しました。日米の研修の良い所を後輩達に伝え、信州の医療を支える人材育成のお手伝いをしたいと思っています。


松本 謙太郎

松本 謙太郎 委嘱講師

2004年 大阪市立大学卒

ひとこと:世界最良の臨床医学教育について、明日の医療がさらに良くなるように意識しております。

信州大学医学部附属病院 総合診療科 外来

森 淳一郎

森 淳一郎 医学教育研修センター講師


清水 郁夫

清水 郁夫 医学教育研修センター助教

2004年 信州大学卒
日本内科学会総合内科専門医、日本血液学会血液専門医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医

ひとこと:専門性を活かしつつ総合診療科での人材育成のお手伝いをしております。臨床では患者さんと、教育では研修医・学生と、一緒に考えて答えを導き出していくことをモットーにしています。

市立大町総合病院 総合診療科

新津 義文

新津 義文 市立大町総合病院副院長/信州大学医学部臨床教授

日本内科学会総合内科専門医、日本腎臓学会腎臓専門医、日本透析医学会透析専門医、日本感染症学会ICD

ひとこと:内科医は自分の専門分野のみならず、他の分野も担う必要があり一般・総合内科の診療が重要です。そのため、一人一人の患者さんを、ある特定の疾患だけを診るのではなく、急性期から慢性期まで総合的に診療するように心がけています。また、研修医にはそのような研修をしてもらうようにしています。


高木 哲

高木 哲 市立大町総合病院副院長/信州大学医学部臨床教授


中澤 勇一 信州大学医学部地域医療推進学講座准教授


金子 一明 市立大町総合病院内科


五味 志文

五味 志文 市立大町総合病院内科

2008年 川崎医科大学卒、2014年 信州大学大学院修了
医学博士、日本内科学会認定内科医

ひとこと:医療の基本をより徹底し、今の医療では手が届きにくい様々な問題や診断が難しい患者さんの「困った」を解決する方法をみんなで考えていきます。一緒に頑張りましょう。


鳥居 旬 市立大町総合病院

北信総合病院 総合診療科

現在作成中