page top
ホーム > 研修プログラム

研修プログラム

初期研修プログラム

信州大学医学部附属病院総合診療科は大学病院での総合診療科外来とサテライト施設での総合診療(外来、入院)を行いますので、研修はサテライト施設での研修が主体となります。

専門研修プログラム

二次医療圏(大北医療圏)の中核病院である市立大町総合病院を基幹として、救急医療や各専門医療の砦である安曇野赤十字病院、大町市国保診療所、療育病棟、介護福祉施設と密着に連携し、二次医療完結型のシームレスな地域医療・総合診療を研修するプログラムです。信州大学総合診療科と市立大町総合病院の合同プログラムであり、経験豊かな指導医陣による質の高い研修に加え、医学教育や臨床研究の研鑽も可能にしています。雄大なアルプスと豊かな自然の中で、ともに本物の「地域医療医」を目指しませんか!

短期研修プログラム

研修期間は3ヵ月または6ヵ月です。臓器別専門科への道を選択した後期研修医に対しても、集中的にバラエティーに富む症例を経験しながら、総合診療的視点を持って医療を行うための礎作りを目標としています。